あいづ相続遺言相談室では、会津若松の相続登記・遺言書・名義変更・遺産分割協議書作成などを徹底サポート

あいづ相続遺言相談室 相続・遺言の問題に悩む方を全力でサポートいたします 運営:あい行政書士事務所 会津若松駅 車で5分/鶴ヶ城 車で1分

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所紹介
無料で相続・遺言の相談受付中!! 0120-913-456 受付時間8:30~17:30 土日祝日夜間対応可(要予約)

相続税 失敗事例

失敗事例1

藤田さんは、父が亡くなったので、父が商売をしてきた関係で長年お世話になっている顧問税理士に相続税の申告をお願いしました。
今までの父の確定申告をしてきて、財産もある程度分かっており、一番適切な判断をしてくれるはずと考えての判断でした。
そうこうしているうちに、 藤田さんは、この税理士に言われるがままに書類を準備し、その結果8,000万円の相続税を支払うことになってしまいました。

あまりの大きい額にびっくりした藤田さんはどこかおかしいのでは勘ぐり、学生時代の同級生高野さん(税理士)に相談してみました。
すると、あまりにも大ざっぱな土地評価で、相続財産が1億も過大評価されていることが判明しました。

その時は、既に相続税の申告期限10ヶ月が過ぎてしまっていたが、申告期限から1年以内であったので、税務署に「更正の請求」をして処理しました。
しかし、申告は期限内にしたものの、期限後に納付したため、延滞税を負担するとともに、税理士への報酬も2人分程度かかってしまいました。

なお、後で分かったことですが、この税理士は2~3年に1度くらいしか相続税の申告をしておらず、相続に関してはあまり得意ではなかったようです。
顧問税理士に安易にお願いした藤田さんの大失敗となってしまいました。

「相続税申告」の詳しいコンテンツはこちら

manabepc1.png  


ImgTop8.jpg